容量無限大なクローゼットを持つ時代です!

時代に合わせた「レンタル」というサービス

今や「購入」ではなく「レンタル」時代

最近では「マイホーム購入」という言葉もあまり聞かないですよね。
賃貸マンションやアパート、住宅の方がまだまだ多いです。
車も通常購入に加えリースという取得方法も導入されましたが、まだまだレンタカー利用者も大勢います。
これは絶対スクリーンで見たい!と思うもの以外は、映画館ではなくレンタルDVDで視聴するのも当たり前です。
図書館の貸し出しも、言わば本のレンタルです。
ここ数年では、レンタルDVDショップにてコミックのレンタルも行っています。

このように、生活の様々な場面においてレンタルというシステムは定着しつつあります。
購入するよりも利便性や経済的な目線から、レンタルの方が良いとされているものが多々あります。
今まさにレンタルブームと言えるでしょう。

「買う」より「借りる」

なぜ今はレンタル時代なのでしょうか。

昨今では「必要な時に必要なだけ」という選択が主流になっていると思われます。
特に大きな買い物はなかなか実行に移せずにいるパターンが多いのではないでしょうか。
住宅や車などは確かにその傾向が強いと思われます。
また、ベビー用品や介護用品などの短期間使用のものは、やはりレンタルが多く活用されていると思います。

消費の面で言うと、今から十数年前に「手に入れるなら中古で良い」という人々が増え、リサイクルショップやユーズドショップが増大しました。
ただし車でも家電でも洋服でも、中古はほぼ型落ちや流行遅れのものばかり。
そこで消費者が求めたものは、同じ中古でも「レンタル」という仕組みだったのです。
レンタルなら購入する必要がないので、出費も抑え必要時だけ利用するということが出来るようになったのです。